フロアーコーティングのご用命は信頼と実績のコーティングプロショップ ハミングにお任せください。

 HUMMING >> コーティング >> ハミングフロアーコーティングの特徴

フロアーコーティングの特徴

ここでは、ハミングの水性フロアーコーティングについて説明いたします。

水性ワックス剤の中では最高の高耐久

弊社はフロアーワックスに特化した会社です。
お掃除会社が塗布するワックスは、仕上げのお化粧です。
弊社のワックスは床を日々の生活上のストレスや小傷から守る為の手段です。
同じワックスでも目的によって、使用するワックス剤も、施工方法も自ずと違ってきます。


会社別耐久性拭き掃除
お掃除会社のワックス施工1~3ヶ月乾拭きのみ
ハミングのアクリルコーティング1年硬絞りで水拭きOK
ハミングのウレタンコーティング シルバー1年水拭きOK
ハミングのウレタンコーティング ゴールド5年水拭きOK
ハミングのウレタンコーティング プラチナ10年水拭きOK

リンレイ R-1アクリルコート は 一般的に広く使われているワックス剤で、別名 マニュキア とも呼ばれます。美しい光沢 を持ちますが、水に弱い のが欠点です。

ウレタンコート は、水性アクリルワックスに ウレタン樹脂を配合したワックス剤で、アクリルよりも 水に強い という特徴があります。又、非常に 高価なワックス剤 でもあります。

水性ウレタンコート剤 といっても種類は沢山ありますが、弊社使用の 水性ウレタンコート剤( R-1 )は 不揮発分が多いので 重たく、一般には扱いにくいワックスです。且つ高価でもあるため、あまり流通しておりません。しかし、その 仕上がりと耐久性・安全性 を比較すると、右に出るものがなく 国内の水性ウレタンワックスの最高剤 です。

ウレタンとアクリル

【新築時には、水性ウレタンコーティング】

照明が映る ダブルコートした廊下

ハミング水性ウレタンの特徴
● 水に強い 
● 耐久性・強度がある 
● ガラスのような光沢 
● 剥離が出来る   
● 安全である   

が上げられます。これは、剥離作業を除いては、従来のアクリルには全くなかった特徴です。

水拭きできる
床材メーカーのHPを見ると、コーティングする・しないにかかわらず、床材を水で拭く事を勧めていません。拭きたいときは、必ず“固く絞った雑巾で”と書かれています。中には水で拭かないように記載されている会社もあります。
特に新建材に対しては慎重です。でもご安心ください。
ハミングの水性ウレタンコーティングは、施工後1か月から水で拭くことができるのです。
これは、今までの水性樹脂ワックスコート剤にはない画期的な事です。

20帖から施工可能
ハミングウレタンコートは、その工程によって、プラチナ・ゴールド・シルバーの3種があります。 特徴はいずれも同じです。
近年のマンションでは30帖に満たないお部屋も多く、最少受注面積を20帖からとしました。
リビング・廊下・キッチンのみの施工も承ることができます。
ライフスタイルに合わせて、お好きなメニューからお選びください。


【艶戻しには、水性アクリルコーティング】

ハミングアクリルコート施工床アクリルコーティングは耐久性・耐水性という面で水性ウレタンに劣ります。
クリーニング業者さんの美装も、その殆どがアクリルになります。一般的に広く使われているワックス剤で、マニュキア とも呼ばれます。

表面に暖かみのある美しい光沢を出しますが、水に弱い性質を持ちます。粘度にも寄りますが、塗膜が薄く 3ヶ月毎にワックス依頼するのが、アクリルワックスの一般常識でした。

ハミングのアクリルコートは 約1年の耐久性 があります。しかし、上記理由から 初期コートにはお勧めしておりません。
弊社では、施工後3~5年経った頃の 艶戻しコート剤 として使用しています。もちろん、再施工には、ウレタンコートの重ね塗りもOKです。
※弊社にて初期コートを依頼されたお客様には、在宅コーティングに、顧客様割引の特典があります。


ハミング独自のオリジナル施工

美しさと耐久性を求めて

一般的にワックス施工というと、一気に塗って、そのまま一晩放置するのが一般的です。今でもそういった施工をしている業者は数多くいることでしょう。ハミングでは違います。美しさと耐久性を求めた結果、独自の施工方法にたどり着きました。

ブースごと・一工程ずつ
ハミングでは、一度にすべてを塗り乾かすのではなく、全てのお部屋をテープを使って、小さなブースに分けます。そして、ブースごとに塗っては即時乾燥させるという手法で、1つずつを完璧に仕上げていきます。これらブースの全ての乾燥を終えると、一工程の完了です。
休憩を使って時間を置いた後、先の工程で施工した手順の通りに、もう一工程を重ねていきます。先ほどと同じく全てのブースを終え、乾燥を確認したら二工程の完了です。

例えば 一度に二層分の厚みを塗るとどうでしょう? 大変合理的なように思いますが、一度に厚く塗るよりも、一度塗っては乾かし、再度重ねて塗る 方が 強度 が増すのです。
さらに、瞬時に乾燥させることで輝度が増します。中には光沢を好まない方もいらっしゃいますが、輝度と強度は比例します。ハミングの水性ウレタンコート剤には、光沢剤は入っていません。輝度は床の材質や技術と関係してきます。
美しさと耐久性を追求した結果、かくのごとき施工方法となってしまいましたが、この施工方法は、水性樹脂ワックスにおける施工の最終像と言っても過言ではありません。

新しい商品名では 一工程のみは、シルバー、二工程はゴールド、三工程を完了すると、プラチナと呼びます。

プロとして・職人として

ジェットヒーターで瞬時に乾燥他社にない施工方法乾燥方法 を確立した結果

 全天候下で、同じ精度に仕上げる ことが出来ます。
 上品で美しい光沢 がでます。
 剥離が起こりません
 施工の翌日から、生活が可能 です。
 耐久性も大幅にアップ

等の利点が生まれました。

廊下を二人一組でコートしているこの技術をお客様に提供し、喜んでいただけることが、何よりの喜びです。
そして、この極めてアナログな施工方法を継続し、更により良く進化させることこそ、コーティングだけに特化してきたハミングの果たすべき役割であり、今後の課題です。

この施工方法を行っている業者を同業他社に知りません。
この施工方法は かきこみ太郎のバーニッシュクラブ で情報公開して居ります。
面倒な手順ですが、この方法を守れば、素人の方でも、或いは一人でも、施工はできます。
後は 正しい下準備 と 道具の整備、そして施工するスタッフが 乾燥のメカニズム を正しく理解していることです。それには多くの経験が必要です。

ハミングでは、経験豊富な自社スタッフのみで施工にあたっています。


剥離の出来る(リムーバブル)フロアーコーティング

剥離作業

ハミングのフロアコーティングは 水性です
水性って水に弱いんじゃないの

ご安心下さい。水性といえど、一度塗ると剥離剤を使わない限り、全てを取り除くことは出来ません。逆に 剥離剤を使うことで 全てを取り除き ほぼ元の床の状態に戻すことが出来ます。
これを 剥離作業 と言います。【 右写真参照 】

なぜ、剥離作業のできる方が良いの・・?
経年劣化によって、床はかなり傷みます。永年の歩行とストレスは、想像以上の傷と汚れを床にもたらします! コーティングしなければ、床自体がダイレクトに傷んでいたはずです。
そして、どんなコーティングでもコーティング剤自体が傷む時期が必ずやって来ます。
剥離した手前側は元どうりの床に、奥は汚れたまま。
・・・・・・でも、ご安心!
水性コーティングなら、汚れが気になりだしたら、コート剤を剥せば良いのですから。そして、元の床を蘇えらせます。
蘇えったら、その蘇えった素地の床に 再度 コートを施して、また10~20年、綺麗な状態を持続させるのです。
【 剥離した手前側は元どおりの床に、奥は汚れたまま ⇒ 】

コーティング剤を剥す作業(剥離作業)は、日本では60年にわたって繰り返されてきた床のメンテナンス方法です。
リフォーム時期を早めない為にも、剥離の出来るコーティング剤が圧倒的に良いのです。
だから、ハミングは、剥離作業の出来る水性樹脂を選んでいます。

剥離作業が出来ないとどうなるのか・・・。
床を張りかえるか、汚れた床を眺めながら暮らすことになってしまうでしょう。

剥離作業 の必要性は、汚れたと感じた時です。
通常は 10年~20年が一つの目安 となります。
それまでは、水性の場合、重ね塗りや補修で対応します。

ハードコート、UVコートなど油性・塗料系のコーティングは、剥離剤がなく、剥離作業が出来ません。 又環境問題・健康問題の関係から、弊社では住宅用としては推奨しておりません。


一にも 二にも 安全性

健康で安全が一番 便利になり、快適になるのは素晴らしいことですが、近年 企業の姿勢・モラルや人間性を 疑いたくなる事件が頻発しています。
コストダウンも結構ですが、安全性 という最も大切なコストをダウンしては 何にもなりません。

ハミングでは、そういった意味からも、資材を厳選 してきました。
安全で安心できるもの、そして、結果水性のワックスに拘る事となりました。

これらワックスは 毎年1回 検査をしています。又施工時に防毒マスクやメガネを装着する必要もありません。臭いも殆どありません。液剤が余って廃棄する際には、中和させるだけで下水に流すことができます。

いくら強度があっても、健康に害を及ぼすコーティング剤・もしくは疑わしいコーティング剤は、使いません。その家に住む人々だけでなく、施工するスタッフの健康、ひいては地球環境にまで被害を及ぼすからです。

VOC問題

家族みんなが安心のマイホーム近年問題となっているVOC問題ですが、
ハミングの水性ウレタンコート剤には、厚生労働省ガイドラインの14物質の内、13物質は含まれて居りません。
ワックスの耐久性を出す為に不可欠な スチレン だけが、唯一含まれて居ます。含有量は、1μg(マイクログラム)です。

スチレンに対する厚生労働省ガイドラインは、220μg/1立方メートルですから、厚生労働省の安全基準の 1/220 だけしか含まれていない、非常に安全なワックス といえます。臭いも殆どありません。
詳しくはこちらの「水性ウレタン製品安全データシート」をご覧下さい。

アクリルワックスには14物質全てが含まれて居りません。
詳しくはこちらの「水性アクリル製品安全データシート」をご覧下さい。

滑り抵抗係数1.1

ハミングのフロアーコーティングは滑り抵抗係数1.1です。
ピカピカ光っているからと言って、お年寄りや小さいお子様が滑って転ぶ事はありません

僕も滑らないよ。 ※床の滑り具合というのは、滑りすぎると危険です。しかし滑らなさ過ぎても(例えばゴムのような素材の場合は)逆につんのめって危険なのです。
滑り抵抗係数1.1 は “ かなり安全~非常に安全 ” という安全度合の最高レベルを意味します。
最近言われるペットの内部骨折は 滑りすぎる床に一因があると言われています。
※室内でペットを飼われる場合は、メンテナンス周期を少し短くすることでペットの健康も、フローリングの保護も維持しやすくなります。


補修セット

ハミングののコーティングは、一度施工すると剥離剤を使用しない限り、取り除くことは出来ません。しかし、日常で付けた傷は補修ができます。重ね塗ったり、剥せたりとメンテナンスは自由自在です。

フロアーの小傷 補修セット 補修セット
施工終了時に、補修セット(コーティング剤・写真入解説付)をお渡ししています。
ここには、ちょっとした床の小傷なら 素人の方でも 簡単に補修できる方法 が書かれています。

この補修方法は是非覚えて下さい。更に、日常のお手入れ方法など、弊社が培ってきたノウハウを、全てお客様にご提供していますので、是非ご活用ください。



前のページに戻るこのページの先頭へ移動次のページへ進む無料見積もり