フロアーコーティングのご用命は信頼と実績のコーティングプロショップ ハミングにお任せください。

 HUMMING >> お役立ち情報 >> 最近のフローリング材

最近のフローリング材とコーティング
(シートフローリング)

このページは、ご自宅のフローリングの種類が何であるかを知っていただきたく記しています。

従来からフローリングは木製でした。今でもそう信じている方が大部分でしょう。
フローリングには、無垢材と複合材の2種があります。一般的には合板(ベニヤ板)の表面に1~2mm厚の天然木の突板(表面板)を貼った複合材のフローリングが使われています。
しかし、日本においては2005年あたりから変化が始まり、近年では シートフローリング が従来からのフローリングより遙かに多く使用されています。
簡単に言うと シートフローリング とは、突板の代わりに 印刷した多層フィルムを貼った ものです。
綺麗で長持ちするコーティングを施工するには、コーティング剤がフローリングの表面にシッカリ密着する必要があります。そのためには、フローリングの種類によるコーティング剤の選択が重要となります。

ワックスフリーの床とは・・・

読んで字のごとく、ワックスの要らない床、ワックス掛けをしなくてよい床材 のことを言います。
大変ありがたいお言葉に聞こえますが、なぜ ワックスが要らない と言っているのでしょうか?・・・
まず、貴方のお家の床材について、表面部分(表材)と 中身(基材)が、それぞれ何で出来ているのか を知ってください。

一般的な複合フローリング
通常の複合フローリング材の断面
層が形成されている
これまでは、複合フローリング材 と言って 基材となる合板(木)の上に、薄い天然木の化粧単板(木)を貼りつけたものが一般的でした。これとて、ベニア板に天然木を貼り付けているので、一枚板という訳にはいきませんが、木に違いはありません。
※ 一枚板の天然木は、そりなどがあるため扱いにくいという欠点があります。そこで、欠点をカバーし、扱いやすく、加工に優れた合板が、フローリング材として使われています。

しかし、近年そうでないものが、出回っているのです。
そうでないもの??・・・・その最悪のパターンは、表面がで、中身もなのです!


フロアーの表材【表面】

床材の基材の上に、通常は単板と言って、薄い天然木を貼りますが、天然木ではない表面をプリントシートと呼んでいます。 これらは、シートを貼ってあるので、別名 シートフローリング と呼ばれます。プリントシートには、

  • 既に木目が印刷されている オレフィンシート
  • プリントシート表面に貼り付けられた 透明エンボスシート

の2種があります。
これらは、衝撃に非常に弱く、ちょっとした引っかき傷でも破れてしまいます。
当然 摩擦にも弱いのです。 又、熱にも弱いのです。その為、うかつに補修も出来ません。

これら弱さをカバーするため、 EB処理 (電子線を照射する事により強化) という加工をします。 こうして強度を持たせています。水にも強くなりますし、表面をツルツルさせることで、汚れを付きにくくします。 ※ あまりツルツル感のない艶消しタイプもあります。

しかし、EB処理はUVやハード系コーティングと同じ性質を持ちます。水やワックスは弾いてしまうのです。つまり ワックスフリー という訳です。
しかし、一般的な家庭では、フロアーで水をザブザブ使うわけではなく、むしろ床に対するストレスは、毎日の歩行や摩擦なのですが・・。


フロアーの基材【中身】

ダンボールを圧縮した MDFのシートフローリング 断面に層はない。
ダンボールを圧縮した MDFのシートフローリングの断面 断面に層はない。

更に問題は 基材と言って土台となる部分の、本来 “木(合板)”であった部分に ダンボールを圧縮して固めた物 を使用した床材が出回っていることです。
MDF と呼ばれています。

ダンボールは水に弱いですから、それをカバーするために、こういった床材は 表層をプリントシート(オレフィン・エンボス)にし、100% EB処理 を行っています。

この床材の場合、表面が傷つくと、水が浸透するので フローリングの寿命は終わってしまうことになります。熱にも弱い為、補修も出来ません。

更にですが、メーカー側やゼネコン・販売会社は、この床に対する説明として、必ず 『ワックスフリーの床なので、コーティングは要りません。』『UV塗装を工場で行っています。』『5層コートしています。』等々の説明をします。全てEB処理の事をさしています。

しかし、販売されて5年、浸透しだしたのが 平成21年あたりで 実績がなく、ワックスを塗らないで、どのあたりまで持つのか、謎の部分が多く、業界では新商品に対する不安を抱いているのが実情です。
※ UVコートが将来どのようになるのかを知る手がかりとして、スーパー銭湯に行くのが良いと思います。スーパー銭湯にはUVコートが施工されている例が多いからです。剥離して再施工できないので、上から重ねぬっています。将来の見本として参考になるはずです。


MDF × シート を組合せた床材 

MDFにシートを貼った床材

床の 基材と表層の組合せ には、いろいろ種類がありますが、MDFにシートを貼った床材 には、ワックスを塗っても剥離が出来ません。
なぜなら 水を使う全ての作業において、床が水を含んで、フクレ( 床が波打ったようになる事 )の生じる可能性が大きいからです。表面が傷んだら THE END !  床を張り替える以外 手だてがありません。

また、表面はEB処理により水分は浸透しませんが、板と板の合わせ目からの水分の浸透は防げません。ですから 何も手を施さないままだと 普段のお掃除でも、水拭きは出来ません。家を買って早々、悲しいお知らせですが、使い捨ての床材 なのだという自覚が必要なのです。

だからこそ、ワックス掛けをしておかなければならないのが MDFにシートを貼った床材 です。
マンションや家を購入する時は、誰もが 立地条件や周辺環境、広さやデザイン、価格等々には気を配りますが、床の材質が何かまでは知る善もありません。

もしも、この床に当たった場合のメンテナンス方法です。
  ● 下地剤 (ハイテクフローリングコート)を塗ります。
  ● その上から 好きなワックスを最低2回 塗ります。
  ● 定期的にワックス を重ね塗ります。
   ※ ワックスが磨耗して素地(シート部分)を露出しない為に行います。

ハイテクフローリングコート

EB処理されたフローリングに、コーティングするためには、専用の下地剤 が必要です。
それが  ハイテクフローリングコート ( リンレイ )になります。
近年 マンションの業者ワックスに、ハイテクフローリングコートが塗られるのは、そのためです。
ハイテクフローリングコートには、以下の特徴・決まりがあります。

  • 必ず一層目に塗らなければならない。
    ※ 業者ワックスが既にかかっている場合は、塗る意味がない。
    逆に、業者ワックスが既に塗られている場合は、ワックスの塗布できる床という判断ができます。

  • ハイテクを塗ることで、将来、ワックスを剥がしたい時に、スムーズに行うことが出来る。(剥離作業といいます。)

  • この上から、水性のワックスを塗ることが出来る。
    ※ ハイテクフローリングコートはあくまでも下地剤です。上からワックスを重ねなければ、耐久性は期待できません。

  • ハイテクを塗ったら、1日置くこと。
    ※ ワックスを塗布する場合は、最短でも翌日以降となります。施工の日程が厳しい場合は、考慮が必要です。

床材を調べよう!

メーカー・商品名・商品番号・業者ワックスの種類・業者ワックスの有無

家を買う時には、床材も確かめて買う時代になったのかもしれません。 
ワックスをかける前には、
メーカー・商品名・商品番号・業者ワックスの種類・業者ワックスの有無 
を 必ず確かめて下さい。


わからない場合は・・・

情報を公開しない企業(メーカー)もあります。
調べるのに困難な場合は、以下の特徴がありますので、判断の手助けとしてください。

【EB処理されたフローリング材の特徴】
  • 一見しても、よく見ても、木としか思えない。
  • 表面がツルツルピカピカして、滑るような感じ。 (※)
  • UVコートやハードコートが掛けられない。
  • ハイテクフローリングコートを推奨している。
  • ワックスフリーを謳っている。
 ピカピカしていないつや消しタイプもあります。滑り感は変りません。近年多くなってきました。

床材とワックス可否一覧
床材とワックスの必要性
基材 表材 EB処理 ワックス掛け 剥離作業
天然木 天然木 どちらでも良い。
合板 天然木 掛けた方が良い。
合板 プリントシート 掛けた方が良い。
MDF プリントシート 掛けなければならない。 ×

※ 3・4の床材の場合は、ワックス塗布後もマメなメンテナンスを心がけてください。
※ 4は、剥離できないということを忘れないで下さい。

最近のフローリング材とコーティング
(表面特種加工床材)

基材が木(合板や木質)、表材が木でも、表面に特殊な加工を施した床材があります。
(例えば、セラミック塗装を施した床材などです。)

これらの板に水性樹脂ワックスをコーティングしたい場合も、下地剤としてのワックス(ハイテクフローリングコート)を一層目に塗布する必要があります。シートフローリングに施されているEB処理も、こちらの特種加工も、共に表面を護る為の塗装で、内容は同じものだからです。




前のページに戻るこのページの先頭へ移動